選手紹介

【名前】馬橋和希
【ニックネーム】かー君
【出身地】坂戸市
【ポジション】内野手
【憧れの選手】阿部慎之助

僕が武蔵狭山ボーイズに入団したきっかけは兄が武蔵狭山ボーイズに入っていて、時々試合や練習を見に行ったことがありました。
先輩方のプレーに迫力があるのを見て僕も先輩方のように上手くなって活躍できる選手になりたいと思い入団しました。
僕は一年半、武蔵狭山ボーイズで練習をしてきて、バッテングの面ではスイングの形が未だに綺麗に振ることが出来ず、同じことを何回も言われてしまい修正しようとしてもなかなか出来ずに、日々格闘しています。
守備の面では、常に声を出しエラーをしてしまったら、その分もっと大きな声を出すことを意識して頑張っていきたいです。
そして、僕の目標はスイングをもっと綺麗にして大事な場面で打席が回ってきても結果を残せるように今以上に努力して頑張りたいと思います。
指導者の皆様、日頃から熱いご指導をありがとうございます。
今の僕は、技術面にしても全然足りていませんが、もっと努力をして高校野球で活躍できる選手になりたいと思います。
指導者の皆様、これからも熱いご指導をよろしくお願いいたします。





【名前】吉野凌世(ヨシノ リョウセイ)
【ニックネーム】ヨッシー
【出身地】埼玉県川越市
【ポジション】内野手
【憧れの選手】藤田一也、松井稼頭央

僕は、中学校生活三年間、より厳しい環境の中で野球に向き合いたいと考えていました。そんなとき、これまでに出会ってきたレベルの高い選手がたくさん入団を決めいていることを知り、そんな仲間と刺激し合えるこの武蔵狭山ボーイズに入団を決めました。
日々練習をしていく中で、野球の難しさや団体競技の厳しさ、そして何よりも高校野球で活躍する為には一日一日を無駄にせず、目標を持って生活することがとても大切であるということを、指導を通して教えていただきました。
僕は、技術的にも体力的にもまだまだ未熟ですが、指導者の方々から教わった『努力は嘘をつかない』という言葉を胸に、現在(いま)の自分が出来る精一杯のことをアピールしようと、全力でプレーしています。
一年生の秋、膝に激痛が走り診察を受けていく中で、骨肉腫の疑いと診断され、少し野球から離れなければならなくなった時期がありました。その時に、健康な身体で野球が出来ることがどんなに幸せであるかということ、心が折れそうになっていた僕の周りには、心配し支えてくださる人がたくさんいるということに気が付き、『復活を待っているぞ』と言ってくださった指導者の皆さまの言葉に励まされました。今こうしてまた元気に大好きな野球に打ち込めているのは、仲間・家族・指導者の皆さま、その他多くの方々の支えがあったからです。
だからこそ、仲間を信じ・未来を信じ・自分を信じ、強い気持ちを持って今の自分よりも一歩でも前進・成長していきたい。それが、今の僕の目標であり、支えてくださっている方々にできる精一杯の恩返しだと思っています。





【名前】早坂 悠
【ニックネーム】ユウ
【出身地】埼玉県川越市
【ポジション】サード
【憧れの選手】松田 宣浩(福岡ソフトバンクホークス)

僕は小学生の頃から埼玉川越ボーイズという素晴らしいチームで硬式野球をしてきました。中学生になったら、よりレベルの高いチームで硬式野球を続けたいと思い武蔵狭山ボーイズに入団しました。
僕には目標があります。それは、19期全員で厳しい練習を乗り越え全国大会、ジャイアンツカップに出場し、全国制覇することです。
しかし今の僕は、他のチームメイトより技術的な面はもちろん、精神的な面でも劣っています。「至誠天に通ず」の気持ちを忘れず、1日1日を大切にし普段のチーム練習はもちろん、練習のない日も自主練習欠かさず行い、技術を高めていきたいです。
また、分かりやすく、時には厳しく指導してくださる指導者の方々、朝早くから夜遅くまでの送り向かえ、当番やお弁当作り、審判などたくさんの事をしてくれる両親への感謝の気持ちを忘れず、プレーをしたいと思います。 
武蔵狭山ボーイズには、心からリスペクト出来る最高の仲間がいます。最後にはこの仲間と最高の思いが出来るよう、大きな声でチームを盛り上げ、チームの勝利に貢献していきたいです。



前のページに戻る