選手紹介

【名前】上床重隆
【ニックネーム】シゲタカ
【出身地】埼玉県入間市
【ポジション】外野手・内野手
【憧れの選手】秋山翔吾選手

自分が、武蔵狭山ボーイズに入団した理由は、自分が体験入団に行った時に先輩のプレイしている姿を見て圧倒されて、自分も、こんな凄いプレイヤーになりたい、ここでやっていきたいという気持ちから入りました。監督や、コーチの指導を受け、それを活かしてもっと上手くなっていきたいと思いました。
そして僕が誰にも負けない部分は、守備です。
もともと自分は内野手で、外野手もコーチの熱い指導を受けて、守備では誰にも負けたくない!と思っています。
自分の課題としては、バッティングです。もっと上手く出来るように、努力していきたいと思います。残り少ない武蔵狭山ボーイズの時間を大切にしていき、高校に向けて努力したいと思います。



【名前】折橋 泰生
【ニックネーム】オリ
【出身地】埼玉県川越市
【ポジション】投手
【憧れの選手】吉田正尚選手

自分が武蔵狭山に入団した理由は、他のチームにない練習の雰囲気で、このチームに入れば絶対に上手になって、高校野球でも活躍できるまで成長できると思ったからです。練習は厳しいですが、楽しく明るくやっています。今は、全国制覇を目指して監督、コーチ、仲間と共に一生懸命練習しています。そして、あと少しで最後の大会が始まります。必ず、全国大会、ジャイアンツカップに出場し、今までお世話になった監督、コーチに恩返しが出来るようにしたいです。
自分達の代は、人数が少ないです。だからこそ、全員まとまって残り少ない中学野球を精一杯頑張りたいと思います。
そして、自分のピッチングでは、コーチに言われたことを常に意識して、試合で最高のピッチングをし、チームの勝利に貢献出来るようにしたいです。
高校へ進学したら、甲子園を目標に、レギュラーをとり活躍できる選手になりたいです。




【名前】井澤 龍
【ニックネーム】りゅう
【出身地】埼玉県 さいたま市
【ポジション】内野手
【憧れの選手】今宮健太

自分が武蔵狭山ボーイズに入団したきっかけは、体験に参加した時他のチームにはない気迫ある練習や、選手1人1人に対して熱心に指導してくださっている監督、コーチを見て、このチームでプレーがしたい。
このチームで『日本一』になりたいと思いました。
それから、このチームでレギュラーになって高校で活躍できる選手になりたいと思いました。
自分は、バッティングでは長打も打って、短打も打てて、守備では守備範囲が広くどんな打球でもアウトにするような守りをし、走塁では、隙があれば次の塁に走れるような『走・攻・守』の揃った選手になるために日々努力をしています。
グランドに立ったら、自分が一番誰にも負けない気合いと根性で残りの全国大会予選まで必死に全力でプレーし監督・コーチ・父母の皆さんに『日本一』という恩返しをしたいです。



【名前】佐藤 啓吾
【ニックネーム】ケイゴ
【出身地】比企郡嵐山町
【ポジション】外野手、投手
【憧れの選手】柳田 悠岐

僕の目標は、世界で通用するプレイヤーになることです。メジャーリーガーの菊池雄星選手や大谷翔平選手は、普通の努力だけで優れたプレイヤーになったのではありません。この偉大な選手を通して感じる事は、野球に対して日々の練習や試合についての気付きや、目標と向き合い、考える事が必要だという事です。
僕のなかに、「なりたい自分。」と「結果が出ない自分。」があります。僕は何事にも、強い自分でいようと決めています。本当に強い人というのは、結果が出なくても、全くブレないのです。
僕は投打とも、技術向上のために練習を続ける事、メンタル面で強くなるために考え、野球をする事が必要だと思います。未来のなりたい自分をイメージして野球を続けています。
自分を知る、自分の未熟さを理解する、感謝をするという事が、自分の人生のなかで必ずなくてはならないものだと思います。今、野球を通して、日々学んでいます。
良い結果が出ない時もあります。でも、まだ中学生です。自分の能力を信じて、分析して考えて、その時々で全力を尽くせば、結果がだせると思います。結果が出ないのは、全力を出しきれていなかったり、迷いがあるからだと考えます。
ピッチャーとしては、狙ったところにしなるように腕を振る、バッターならフルスイングが僕の課題です。
失敗する事、思うようにならないことの方が多いからこそ、失敗を恐れず分析して考え、練習に臨んでいます。
好きな野球を続けらることを感謝して、精一杯頑張っていきます。

前のページに戻る